2017年12月 8日 (金)

まもなく12月14日

2017112911340000
当日、港区の泉岳寺では、盛大に「赤穂義士祭」が開催されます。
添付画像は解説のために買いそろえた「忠臣蔵」関係の資料です。
その何割かは(タイトルでもお分かりのように)吉良上野介を弁護しています。
そちらの記述ほうが「赤穂事件」の真相に近いと私も考えています。
いずれにせよ今月の私のクルーズ解説は「忠臣蔵」に比重がかかっていきます。
討ち入りの日とは異なりますが(クルーズで近くを通る)墨田区本所松坂町公園において「吉良祭・元禄市」が行われることも忘れてはならないと思います。
by  解説員O

| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

奇跡的情景グリーンフラッシュに富士山

2017120516250000
船乗りが、一生に一度でもその自然現象を見られたら、幸せだと言われているグリーンフラッシュ。
よっぽどの気象条件の偶然が重なって、太陽が沈む直前(本当にあっという間)エメラルド色の閃光を放つ感動的一瞬です。
私は(よっぽど幸福者なのでしょう)過去、数回それを大西洋や太平洋の大海原で目撃しています。
しかし、スピードの遅い帆船の航海だったから恵まれたチャンスだったと思います。
まさか、海ほたる沖でグリーンフラッシュに巡り会うとは、信じがたいことです。
しかし、もしかしたら、これは神様からの私へのご褒美だったかも知れません。
私が今時分の東京湾北部で何をしていたのか。
実は、千葉と川崎の二つの工場地帯を結ぶ線上に面白い解説ネタはないか、真面目に捜索していたのです。
発見は、けっこうありました。
結論的にいえば、コスモポリタンという大きなスケールで眺めたクルーズの新世界。
房総半島や丹沢の山並も魅力的です。
私も(今回)望遠レンズを持ってくれば良かったと思いました。
by解説員O

| | コメント (0)

2017年12月 2日 (土)

海の肖像

2017120114290000
私は(クルーズ解説員とは別の範疇になりますが)ジール海洋セレモニーの船長も担当しています。
合同散骨というスタイルは、港でご家族とお別れをして、外洋において乗員のみの手で儀式をとりおこないます。(後日、ご家族には写真等の資料をお届けしますが)
現場において、私たちの仕事を評価する人はいません。
しかし、ご遺骨は、どのように扱われたかを、知っていると、私は確信しています。
私はジール以外の仕事で(大型船のクルーとして)散骨のおこなわれた海域を毎月のように訪れます。当然のごとく、私は自ずから海にお返しした方々の魂に、ご挨拶をいたします。(画像を)見てください。
その返答が、いつもこのような神々しい光景なのです。
今回は、これ以上は語ることを止めておきます。
by―O

| | コメント (0)

2017年12月 1日 (金)

忠臣蔵の季節

2017112615040000
12月14日が近づくと、毎年恒例のように各地で「討ち入り」関連のイベントが開催されます。江東区では、吉良邸跡~万年橋方面のウォーキング・港区では歴史フォーラムが行われ、どちらも満員御礼の人気でした。
ジールの運河クルーズでも忠臣蔵ゆかりの場所を(複数コース合計すると10ヶ所以上)通ります。
特に隅田川下りの航行ですと、浪士が辿った道筋と並走することになり、ファンにとっては(寒さもなんのその、12月は)格別なクルージングのシーズンです。
by 解説員O

| | コメント (0)

2017年11月30日 (木)

浅草から乗船する選択肢

2017112417100000
熱烈なニフティのファンである友人のK君が、6回目のチャーターをしてくれました。
今回は、隅田川の吾妻橋発~天王洲のヤマツピア着、一番のお目当ては羽田空港の夜景という設定でした。
私も(毎回)クルーズの仲間に加えてもらっています。
当日は、集合時間よりも早く行って、浅草を散策、そして(ジール解説員として、東京の建築を語るうえで、絶対に外せない)隈研吾さん設計の「浅草文化観光センター」を訪れ、8階のカフェで半時くつろぎ、乗船場所へ向かいました。
写メは、展望室からの吾妻橋桟橋方向の眺望です。ジールのヤマツピア以外の発着ですと、多少の桟橋使用料という出費はかかりますが、乗船前のちょっとした小旅行を味わえる魅力を考えると、コース選定のバリエーションは様々あります。
by解説員O

| | コメント (0)

2017年11月29日 (水)

船上の大阪人

2017102512540000
いま国立新美術館において、世界的建築家の安藤忠雄展「挑戦」が開催されています。
もっとも注目されているのは、野外展示されている「光の教会」でした。
写メのとおり、訪れたほとんどの人たちは(レプリカとは知りつつ、その宗教的空間の中で)無言のまま佇んでいました。
数年前、安藤忠雄さんは、自身がプロデュースする「海の森プロジェクト」の進行状況を海上から確認するため、なんとジーフリートに乗船してくれたのです。そのとき、ゲストとして、なんと有名ロックバンドU2のボノさんも(テレビ番組取材のため)一緒でした。
展覧会は12月18日までです。
by解説員O

| | コメント (0)

2017年11月24日 (金)

川崎工場・羽田空港エリアのクルーズマップ新版完成

2017111915520000
いままでのマップには工場名がありませんでした。
新版には主要な施設名が記載されています。
運河に接していない工場も紹介されていますが、背の高い装置は船からも見えています。例えば、この(写メは地上から全体を撮りました)フレアスタックも川崎市営倉庫の背後に上半分ぐらいが突き出ています。
 
季節限定の目黒川マップあります付き 冬の桜イルミネーションクルーズもお見逃しなく。
by 解説員O

| | コメント (0)

石油コンビナートという異境

2017111916070000
その全貌を少しでも理解しようと思うと、クルーズ船の位置とは別な角度からの視点が必要になってきます。
どちらが表か裏かはさておいて、反対側に回ってみると(具体名を出すのは差し控えますが)道路を挟んでA社の工場からB社の工場へ、パイプを通じてある物質が供給されている様子がわかります。
A社から逆に遡っていくと前回ご紹介した(他社の)トッパーにたどり着くことになります。
by解説員O

| | コメント (0)

2017年11月22日 (水)

トッパーの内部構造?

2017111814310000
もう晩秋というよりは冬といってもおかしくない季節となりましたが、寒さもなんのその、川崎工場夜景クルーズは、相変わらずの盛況ぶりです。
今回、紹介するのは、解説でもっとも強調している、石油コンビナートの肝心要の装置(心臓部ともいえるトッパーの)内部構造の実物写真です。
このトッパーから、終端の装置まで、化学式で繋がっていくのですが、その全貌を理解するのは並大抵ではありません
。逆説的ではありますが、その複雑さこそが石油コンビナートの景観の魅力かもしれません。 
by 解説員O

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

横浜からのメッセージ

2017110815350000
こんにちは。解説員のOです。
写真=マリン雑誌kaziの今月号・帆船海星の横浜リユニオン=同窓会の記事。歴代船長の一人として、私も紹介されています。
さて、ジールクルーズでも海洋大学に保存されている明治丸・雲鷹丸や晴海埠頭に入港している日本丸・海王丸など美しい帆船を見る機会があります。しかし残念ながら、東京のどこからも「2020TOKYO国際帆船パレード開催」という声が聞こえてきません。
かつて「東京港まつり」には海星もふくめ10隻の帆船が集結し、たくさんの観覧船を従えレインボーブリッジをくぐりました。
最近でも、長崎・神戸・大阪が複数の帆船を招致して華麗なる海の祭典を繰り広げています。
横浜での私の講演会や海星リユニオンでも「もう一度東京で壮観な帆船パレードを」という声が挙がっています。
by Ogu

| | コメント (0)

2017年11月 8日 (水)

甲府徳川家

2017110616170000_2
甲府藩主綱豊のちの六代将軍家宣について、
運河クルーズで語ることはほとんどありません。
しかし『忠臣蔵』の後日談=彼が赤穂浪士の遺児たちを助けたというところには魅力を感じていました。山梨県立博物館で企画展を(12月4日まで)やっているので行ってきました。
いろいろ解説ネタを拾ってきましたので、クルーズでお話しします。ご期待ください
by ジール解説員 ogu

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

朝鮮通信使

2017110413210001
最近「朝鮮通信使」が話題になっていますので、私から、2件情報提供します
実は、平成5年(帆船海星で)通信使のルートをたどり国際親善航海を経験しています
添付の大漁旗は(通信使も寄港)対馬美津島町長から・右下メダルは(通信使の出港地でもある)釜山の韓国海洋大学校長より、頂いた入港記念品です(当時、海星船長であった立場から、私が保管しています)
さて、本題です。クルーズ解説のなかで「朝鮮通信使」と言い切っていたら間違いです。第1次~3次までは「回答兼刷還使」と呼称しています
(スカイツリーの高さ634にも関連するネタになりますが)武蔵野の語源は古代朝鮮語の『苧種子野』から来ています。苧とは、麻の一種です
それでは、ここで(在日朝鮮人の詩人)安俊暉=あんとしあき詩集『苧種子野』の一節を紹介して私のツブヤキを終了します
その前に、もう一件。海星で、瀬戸内海の完全(エンジンを使わず、セイル15枚で)総帆走を試みましたが、保安庁の巡視船に叱られました(笑)江戸時代の航海技術って、凄かったと思います
今宵    武蔵野の   満月   一点の曇りなき   下りたてば   背骨の   朝鮮   再び   火灯り   武蔵野   苧種子野となる
by Ogu

| | コメント (0)

2017年11月 2日 (木)

荒川の岩淵水門

Iwabuti_2
ジールの運河船で荒川を北へ遡上すると隅田川との分流箇所となる岩淵水門まで行けます。天王洲から片道約3時間半の大遠征です!
by かのん船長

| | コメント (0)

2017年10月 2日 (月)

ありがとう扇橋閘門

20179301630_3
9月30日 16時30分 扇橋閘門 現在の施設最終可動 ジールの運河船かのん号は
ラストラン最後に水門を通過しました。今まで何度も通過して水のエレベーター体験を楽しませていただきました。ありがとうございました!
byジール かのん ルーク ゼンフリート

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

小倉さん横浜講演会

Ogura0922
ジール名物スタッフ 小倉さんが自身の世界の海を帆船で航海した貴重な体験を横浜にて講演されました。会場は満席でした!
byジール運航部
 

| | コメント (0)

«日本橋観光案内所