« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月23日 (木)

乗合 隅田川花火大会 残席あり!

 皆様、ご無沙汰してます。ジール nao です。 本日は、足立の花火大会ですね。そろそろ夏花火シーズンのスタートですね。さてさて、夏休みに入り、あまり、芳しいお天気が続いていないのですが、夏の夜空を飾る花火大会で、「感動」を味わいましょう!

 隅田川花火大会クルーズですが、若干ではありますが、予約が可能です。お客様でお料理やお飲み物を持ち込むプランでご用意致しましたので、是非とも船上から、隅田川花火大会をお楽しみ下さい。

 プランの詳細に関しましては、隅田川花火大会(乗合)のページをご参照下さい。

 皆様とご一緒に、夏の夜空を楽しみましょう!

| | コメント (0)

2009年7月22日 (水)

ある日のスタッフ研修会

みなさま、ご無沙汰しております。
ウェディング部のTです。

最近、ココログのログインの仕方が替わって、ログインするのに四苦八苦しておりました。
結果、大変ご無沙汰の登場となりました。

さて、ZEALでは、定期的なサービス研修を行っており、今日はその一部をこっそりご紹介しちゃいます。普段は中々見られない、ZEALの企業秘密?をご案内します。ライバル会社の方は、くれぐれも絶対に見ないようにお願いいたします!!(笑)

研修会場は・・・、そう、贅沢にも「ジーフリート」の船内にて行われました。もちろん、船上でのサービスの研修会なので、その現場で行うのが一番リアルなのですが。
Nec_0129
どんな内容かと言いますと、私どもで独自に組み立てたプログラムに沿って、基本的なサービスの心得やおもてなしの心を学びます。スタッフは皆、真剣そのもの。難しい表現の内容などもありますが、一つでも多くのことを学ぼうと、全員が真摯に取り組んでおります。(感心感心!)
それもこれも、ご乗船いただいたお客様に、安全で楽しい思い出と、船ならではの感動体験をしていただこうとの思いが、みんなの気持ちを盛り上げています。

研修は途中から、生ビールの研修に入ります。サントリー生ビール達人が居る店の称号を頂いた本船は、スタッフ全員が美味しいビールを注げるように、日夜トレーニングいたしております。
P1000293
又、今年から増えたカクテルメニューに合わせて、美味しいカクテルの作り方も研修します。
次々に作られる、本当に美味しそうなカクテルを、ただ眺めるだけで指を咥えているのは、結構我慢がいりました。(笑)
Img_9811_2

その次は操練です。操練とは船業界の言葉ですが、要は、非常時の対処法を日頃からトレーニングし、いざという時に冷静沈着に対処できるよう、練習を積むことです。

今回は、落水者の救出と、皆様も見たことがあると思いますが、救命俯瞰(オレンジ色の浮き輪みたいなやつ)の取り扱い練習です。絶対あってはならないのですが、万が一にも事故が起きたとき、適切な対処が出来るかどうかで人命にも関わってきます。その為、何度も何度も繰り返し反復練習を行います。習うより慣れろ!ですね。それと、これは皆様にも覚えておいて欲しいのですが、誰かがもし落水したら、何でも良いので水に浮かぶ物をその近くに向かって投げ込んでください。広い海上では、それが良い目印にもなります。

いかがでしたでしょうか。この様に、船独自のサービスとして、様々な事を学びながら、ZEALのスタッフは1人1人が海のスペシャリストに育っていきます。皆様もジールの船にご乗船される際には、ぜひ、スタッフとのふれあいもお楽しみいただければと思います。

これから水のシーズン到来です。
みなさまも、くれぐれも事故の無いようご注意の上、楽しい思い出を沢山お作りいただければと願っております。

by ZEALスタッフ T

 人気の東京&横浜船上パーティー&クルーズ
 ジール公式サイト http://www.zeal.ne.jp/

| | コメント (0)

2009年7月15日 (水)

お江戸「日本橋」をゼン・フリート号が優雅なクルージング

ジール保有船舶の双胴船「ゼン・フリート」号が、日本のど真ん中 日本橋川をクルージングしました。アコーディオンの演奏者も乗り込みお客様はパリのセーヌ川クルーズの優雅な雰囲気で航行。日本橋を通過できる船は珍しいので、街を行く人々の注目の視線を浴びながらゼンフリートの運河クルーズが実施されました。このゼンフリート号は日本橋川や小名木川、目黒川を航行できる万能船です。チャーター運航いたしますので、皆様も東京の河川・運河クルーズで水面から眺める東京を体験しませんか?
by ZEALスタッフ しの

1_2

 人気の東京&横浜船上パーティー&クルーズ
 ジール公式サイト http://www.zeal.ne.jp/

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »