« 荒川の岩淵水門 | トップページ | 甲府徳川家 »

2017年11月 6日 (月)

朝鮮通信使

2017110413210001
最近「朝鮮通信使」が話題になっていますので、私から、2件情報提供します
実は、平成5年(帆船海星で)通信使のルートをたどり国際親善航海を経験しています
添付の大漁旗は(通信使も寄港)対馬美津島町長から・右下メダルは(通信使の出港地でもある)釜山の韓国海洋大学校長より、頂いた入港記念品です(当時、海星船長であった立場から、私が保管しています)
さて、本題です。クルーズ解説のなかで「朝鮮通信使」と言い切っていたら間違いです。第1次~3次までは「回答兼刷還使」と呼称しています
(スカイツリーの高さ634にも関連するネタになりますが)武蔵野の語源は古代朝鮮語の『苧種子野』から来ています。苧とは、麻の一種です
それでは、ここで(在日朝鮮人の詩人)安俊暉=あんとしあき詩集『苧種子野』の一節を紹介して私のツブヤキを終了します
その前に、もう一件。海星で、瀬戸内海の完全(エンジンを使わず、セイル15枚で)総帆走を試みましたが、保安庁の巡視船に叱られました(笑)江戸時代の航海技術って、凄かったと思います
今宵    武蔵野の   満月   一点の曇りなき   下りたてば   背骨の   朝鮮   再び   火灯り   武蔵野   苧種子野となる
by Ogu

|

« 荒川の岩淵水門 | トップページ | 甲府徳川家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒川の岩淵水門 | トップページ | 甲府徳川家 »