« 忠臣蔵の季節 | トップページ | 奇跡的情景グリーンフラッシュに富士山 »

2017年12月 2日 (土)

海の肖像

2017120114290000
私は(クルーズ解説員とは別の範疇になりますが)ジール海洋セレモニーの船長も担当しています。
合同散骨というスタイルは、港でご家族とお別れをして、外洋において乗員のみの手で儀式をとりおこないます。(後日、ご家族には写真等の資料をお届けしますが)
現場において、私たちの仕事を評価する人はいません。
しかし、ご遺骨は、どのように扱われたかを、知っていると、私は確信しています。
私はジール以外の仕事で(大型船のクルーとして)散骨のおこなわれた海域を毎月のように訪れます。当然のごとく、私は自ずから海にお返しした方々の魂に、ご挨拶をいたします。(画像を)見てください。
その返答が、いつもこのような神々しい光景なのです。
今回は、これ以上は語ることを止めておきます。
by―O

|

« 忠臣蔵の季節 | トップページ | 奇跡的情景グリーンフラッシュに富士山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忠臣蔵の季節 | トップページ | 奇跡的情景グリーンフラッシュに富士山 »