« 予告2018初日の出クルーズの月齢は十四夜 | トップページ | ジーフリートではなく »

2017年12月26日 (火)

港の馬車道

2017122214530000
私の小学生のころ。毎日のように馬に乗れる恵まれた環境でした。
近くに獣医大学の馬場があり、遊びに行けば、自由に乗せてくれました。気ぐらいの高いサラブレッドではなく、温厚なアラブ種が好きでした。
そんな体験をしていたので、船乗りになってからは、馬車を借りきって、酒場をハシゴする、凄く優雅な遊びもしていました。クリスマスの日、埠頭で偶然に馬車と出くわし、その楽しさを思い出しました。
ところで、ジールの船上ウェディングに話題をふりますが、新郎新婦の船へのアプローチの演出として「人力車」や「別船登場」という選択肢もあります。私だったら(もうあり得ない話ですが)馬車をチャーターしたいと思います。
byーO

|

« 予告2018初日の出クルーズの月齢は十四夜 | トップページ | ジーフリートではなく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予告2018初日の出クルーズの月齢は十四夜 | トップページ | ジーフリートではなく »