« ふたつのイスムと神田川の梅 | トップページ | 本物の船舶時計 »

2018年1月23日 (火)

神田川水源の今

2018012015470000
梅の花もほころび始めたお茶の水渓谷、その水源である武蔵野の「井の頭池」では現在、池の水を全部抜き、池底を干す「かいぼり」がおこなわれています。
目的は、水質の改善と外来種の駆除です。
過去の「かいぼり」では、投げ捨てられた自転車200台以上が回収されています(笑)。
数年ごとに「かいぼり」を繰り返すことで井の頭池は見違えるほどきれいになっていきます。水源の透明度が高まることにより、お茶の水渓谷も本当に「渓谷」と呼ぶにふさわしい風情に変わっていきます。
ぜひ梅の花を楽しみにクルーズにお越しください。
by(最近スタッフブログを私物化している)O

|

« ふたつのイスムと神田川の梅 | トップページ | 本物の船舶時計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふたつのイスムと神田川の梅 | トップページ | 本物の船舶時計 »