« 2018年1月 | トップページ

2018年2月15日 (木)

船の共通言語・国際旗旒信号

2018021414370001
海の世界では、国籍の違う船と船の間でも、信号旗によってコミュニケーションがとれます。たとえば、この3連の旗は、上から「R・U・1」を順に並べています。
これの意味は「本船、操縦性能試験中」となります。
すなわち針路・速力を変えずに走り続けたり、あるいは右に左に、大角度で転舵を繰り返したり、通常とは異なる運動をします。
したがって、付近の船舶は注意が必要です。
 
ちなみに、試験中の船に何らかのトラブルが発生した場合、信号旗の「1」を外し「R・U」とすれば「本船、操縦困難」という意味に変換します。
さて、話を「RU1」に戻します。
正式には、これを「ロメオ・ユニホーム・ペナントワン」と発音します。とてもシーマンらしく、小粋な感じがしませんか。
by―O

| | コメント (1)

一輪の花

2016040315500000
今から数年前、目黒川お花見クルーズ解説員デビューの準備として、川沿いの木々を調べて回りました。
私は(桜の季節限定ですが)新宿御苑でバイトしていた経験もあり、区別には、さほど苦労しませんでした。(コース上の桜の種類は、約20でした)
しかし、ひとつだけ、図鑑でも解らないものがありました。それが(私の推測により)候補にあげたものか否かの確認のため、新幹線に乗り、静岡県三島の国立遺伝学研究所に行ってみました。(結果的には、目黒川の謎の桜とは違う種類と断定できましたが)目当てとした樹と出会ったときの衝撃は忘れられません。
世間一般の人にとっても、私にとっても、桜の花を集合体という全体像で観賞していた、と思います。
ところが、そこで出会った桜は、一つの花弁が一個の人格を持つように存在感を放ち、他に目を移すことができませんでした。
花の名前は「ムラサキザクラ」
by―O

| | コメント (0)

2018年2月 9日 (金)

工場夜景+α=探険クルーズ

2016072613460000
数年前より羽田空港近くの天空橋が桟橋がオープンしてからは川崎工場コースの乗船場所となりましたが、天王洲ヤマツピア~川崎石油コンビナート往復というダイナミックなコースが3月に久々のリバイバル販売中です。
もちろん主役は工場夜景。そして、その前後に目にする羽田への旅客機の離着陸シーンも迫力満点です。
加えて、ヤマツピア発着ならではのコースの特長は、京浜運河において「東京モノレール」と並走することです。
全国に公共交通機関としてのモノレール路線は7つあります。私は乗り心地を比較検証するため(沖縄ゆいモノレールはまだですが)6路線を乗車体験して見ました。
写メは大阪モノレールです。やはり東京モノレールがアップダウンとスピードの点ではダントツです。
運河クルーズ船から見てもその躍動感は伝わってきます。しかも今なら(東京オリンピック頃には姿を消してしまう)1000系・2000系も健在です。ぜひ探険クルーズのプラスαも堪能してください。
ちなみに大阪モノレールでは、運転席の後ろにモノレールファンらしき子供がへばりついて、大阪弁を連発していました。
byーO

| | コメント (0)

2018年2月 5日 (月)

桜の見せ方

2017041716370001
JR中央線の先祖・甲武鉄道開業当時の駅は、新宿・中野・境(現在の武蔵境)・国分寺・立川の五つでした。
境のみが地元が誘致した「誓願駅」です。境は、名勝小金井桜見物の出発点となり、おびただしい数の人が訪れ、地元の茶店は、お花見シーズンだけで一年分稼げた、と伝えられています。武蔵境は、桜に対する意識の強い町です。駅前再開発のときに、その伝統を象徴するような、センスの良い広場が作られています。(写メ右側もウコンという黄色い花の咲くサクラです)
さて、桜のレイアウトに関して、目黒川「五反田エリア」の感性も素晴らしいです。
川沿いに数種類の八重系の桜が美しいグラデーションを見せています。
新しく建設されたマンションの植栽も桜に比重を置いています。
五反田も武蔵境も、桜たちの個性を上手に使いこなしているところが魅力です。ソメイヨシノ以外にも見るべきものがたくさんあります。
byーO

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ