« お花見教室・初級講座 | トップページ | お花見教室・上級編の予告 »

2018年3月23日 (金)

お花見教室・中級講座

2016120614040000
唐突ですが、ジーフリートのクルーズに「寿司職人」というオプションもあります。
親しい職人さんにうかがったところ、最近では(私の大好きな)マグロのトロよりも、タコやサーモンが人気といいます。
ところで、サクラの世界はいかがでしょうか。私がバイトをしていた新宿御苑の人気ランキングをみると、前回講座の絶対王者ソメイヨシノは第9位に甘んじています。
なんと、喜ばしいことに、御苑ではソメイヨシノよりランキング上位の(8種のうち)6種が目黒川にあるのです。
ソメイヨシノがあまりにもポピュラーなためでしょうか、御苑のランキング・ベストファイブは、すべて一重桜ソメイヨシノとはタイプの違う「八重桜」です。(シダレザクラ系統がそれに続いています)
話題にくわえて、目黒川クルーズのコース上には、御苑ベストファイブの他にも、魅力ある6種類の八重桜が(運河船から見える場所に)追加されます。 
今回の中級講座では、川沿いの八重桜について語っていきます。最初に注意が必要なのは、八重桜と呼ばれるサクラはありません。ボリュームある花をつけるグループを一括して八重桜と言ってはいますが、厳密には、花弁の数により、半八重桜・八重桜・菊桜に分類する定義があります。
   なお、一本の木でも、花弁の数の違う花が咲く種類も少なくありません。  便宜上、総称して「八重桜」という表現を使いますが、個々のネーミングは、妖艶を競います。例えば、楊貴妃・白雪・嵐山など、色っぽいです。
さて画像は、弥生時代の染色を再現した(九州・吉野ヶ里遺跡の)展示です。強烈ではない色彩にも感動できるのが私たちのDNAでしょうか。
    目黒川クルーズでは、弱い緑の「御衣黄」・薄いレモン色の「ウコン」・品のある赤紫色の「関山」など…微妙な色彩のうつろいを運河船の席に座ったまま(まるで空飛ぶ絨毯のような贅沢な乗り心地で)堪能できます。
しかも、八重桜の見頃は、ソメイヨシノの終わった次のステージになります。
つまり、ジールのお花見クルーズは、シーズン2回を乗らないと、目黒川のサクラの美の全貌を極めることはできないのです。(まことに営業的な講座になり、すみません)
次回、上級講座、ご期待ください。
byーO

|

« お花見教室・初級講座 | トップページ | お花見教室・上級編の予告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お花見教室・初級講座 | トップページ | お花見教室・上級編の予告 »