« 天王洲にて飛行機写真展開催します! | トップページ | 目黒川の水源 »

2018年3月 7日 (水)

明日に向かって

2018022016170001
友人から国内回航に誘われました。
北海道の稚内発・福島県の小名浜着、所要は3日間の予定といいます。配置は航海士です。
どちらかというと、南シナ海が得意の私にとって、出港初日の日本海の強烈な吹雪はストレスでした。
 
画像は船体に打ち込む波は、ツララと化していきました。
 
二日目、津軽海峡の横断は、降雪に蒸気も加わり、視界は最悪。レーダー頼りの航法を続けました。やっと太平洋側に出て、三陸沖を南下。北上してくる商船を避けていくだけなら操船も楽なのですが、リアス式海岸の複数の港から(レーダー画面上に)漁船らしきグループが出港してきます。こちらが針路を変更し、集団をよけなければなりません。その手間を煩わしいとは思いません。
3・11の後、7年近くにして被災地の漁業は(限定的に)再開されたのです。
私はエールとともに舵を大きく右にきりました。
byーO

|

« 天王洲にて飛行機写真展開催します! | トップページ | 目黒川の水源 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天王洲にて飛行機写真展開催します! | トップページ | 目黒川の水源 »