« 近い将来、日本のサクラの景観が確実に変わります | トップページ

2018年4月17日 (火)

花は散っても

2018041107200000
平成30年度の目黒川お花見クルーズも大盛況のうちに幕を閉じました。
ご乗船のお客様ありがとうございました。
ジールスタッフの皆さんお疲れ様でした。
そして、主役であるサクラたち、また来年もよろしくお願いいたします。   
私は(例年のように)シーズン終盤数日の解説を担当しました。
すでにソメイヨシノは葉桜になっていることを承知でご乗船された(すべての便の)お客様から「とても楽しかった」と言ってもらったことは、目黒川の八重桜とジールスタッフにとって金メダルをいただいたような心境です。      
    それに加えて、クルーズ最終日、私は(解説員にとっては宝物といえる)ソメイヨシノの実生の苗を発見しました。 
    ソメイヨシノのサクランボの発芽は極めて稀なことです。私は、スコップと鉢の替わりに(すみません、ちゃんと洗っておきました)ジーフリートのトングとピッチャーを使って貴重な苗を採集しました。       帰りの満員電車では、それを抱き抱えるようにして守り、苗を家に連れて帰りました。個人的な話ですが、その苗は(大切に育てていたウサギのラッキー君に次ぐ)私の分身となりました。 サクラは、他の種類のサクラの花粉をもらわないと実がなりません。いったい、この苗からどんな花が咲くのか。      
私にとって、来年度の目黒川お花見クルーズの準備は、すでに始まりました。
byーO

|

« 近い将来、日本のサクラの景観が確実に変わります | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近い将来、日本のサクラの景観が確実に変わります | トップページ