« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月26日 (土)

六月の桜

2018052307550001
島崎藤村と並ぶ明治の文学者・国木田独歩の代表作「武蔵野」の第6章に(私の地元でもある)ヤマザクラの名勝・玉川上水の桜橋を訪れたシーンがあります。
季節は真夏。立ち寄った茶店の婆さんに「桜は春咲くことを知らないのか」といわれてしまいます。   
独歩は、夏の郊外の散策がいかにおもしろいか、と説明するのですが「東京の人はのんきだ」の一言でおしまいにされます。
        ところで、6月上旬(お花見クルーズと同じコース)目黒川クルーズが実施されます。乗船されるお客様を酔狂だと思う人は、6月のサクラの魅力を知らない人と言ってもいいでしょう。
わたし個人の話になりますが、しばらく府中市内の発掘現場に通っています。 その途中にサクラの並木が続いています。その緑を見ながらの通勤は楽しいものです。おまけに3頭のヤギが放し飼いにされていて、(画像)まるで田園風景そのものです。
   
サクラの花はとっくに終わりました。しかし、サクラにとって1年の中でも6月が最高の充実期です。目黒川の感動的な緑を堪能してください。
byーO

| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

ロシアにおける日本年2018関連行事に参加して

2018050309370001
皆様、ゴールデンウィークをどのように過ごされましたか。
私は、ロシアのハバロフスクで植林をしてきました。
植えたのは、朝鮮五葉松です。
私たちのグループの中に、農学・理工の教授、野鳥や建築の専門家が居られ、私に対して、ありとあらゆる知識を惜しみなく提供してくださいました。
例えば、北限の桜(シウリザクラ)や日本から渡って来た鳥類(ユリカモメ・オオバン)などをフィールドワークで学べたことは、運河クルーズの解説員にとって(ネット検索とは桁違いの)大きな収穫でした。
ロシアという国は、人も自然も料理も、すべてがすばらしいところでした。
byーO

| | コメント (0)

2018年5月 1日 (火)

ジールだけが知っている

2017041012410001_2
地面を這いずる動物の苦手な人には恐いと思われるかも知れませんが、意外と私たちの身近な場所にも爬虫類は生活しています。
青大将など都会でも珍しくはありません。(画像。なかには花見しているやつもいます)
しかし、某運河沿いの巨大なイグアナの存在を知っている人はさすがにいないようです。私も3回みたことがありますがすごくでかいです。
ほとんど動かないので、行けば必ず遭遇できます。
見たいですか。
ミステリークルーズでお連れします。
byーO

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »