« 構造物の進化と保存 | トップページ

2018年8月 9日 (木)

東京のインフラめぐり・B面も魅力

Dsc_0950 ビートルズのシングルレコード、陽気な曲「イエローサブマリン」のB面は哀切的名曲「エリノアリグビー」です。
私は、A面よりも(芸術性の高い)裏面ばかり聞いていました。
         さて、ジール新企画のクルーズA面は、表題のとおり、具体的にいうと、建築ラッシュの有明・晴海(それに、なにかと話題の豊洲)エリアです。
    しかし、A面だけのクルーズなら、他社でも出来ることです。
ジールの凄いところは、A面に裏街道を加えた強気です。「こんなコースが売れるのか」と尻込みするようなB面に価値を見いだしています。
      話題は、インフラとは外れますが、先例を明治文学に求めます。
国木田独歩の出世作「武蔵野」は、後続の文学者に強烈な影響を与えました。(文体も革新的ですが)    独歩以前(藤原定家については、またの機会にブログを書きます)日本人の美の対象は「白砂青松」や「花鳥風月」でした。
       独歩「武蔵野」は、新たに「雑木林」の美を追加したのです。
雑木林そのものは、江戸時代に出現していますが、独歩は、それが美しいということを(ツルゲーネフ文学への傾倒により)日本人で初めて発見したのです。
  話を本題に戻します。
  「東京のインフラめぐり」コースでは、いままでかえりみられなかった東雲運河も航行します。
私にとって、このルートは宝の山です。   
     例えば、通過する月島に関わる著名人のリストは70人を数えます。(過去の話ですが、私の出演したガルシア・ロルカ「愛と死」に評価を頂いた三島由紀夫。コロンブス500年航海のときバハマで出迎えてくれた土井全二郎)それだけでも語り尽くせない魅力あるコースです。   
      極論からいうと、B面のないシングル盤は存在しないように、ジールの「インフラめぐり」はコースとして完結しています。ひとえに企画営業のセンスのたまものです。
画像は、運河船に晴海客船ターミナルと前方に建設中の選手村です。
byーO

|

« 構造物の進化と保存 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 構造物の進化と保存 | トップページ