« ミステリー航海記 | トップページ | 『続ミステリアス航海記』 »

2018年9月26日 (水)

新旧の時空をまたぐインフラツーリズム

Dsc_0951 10月11日、いよいよ豊洲市場がオープンします。
周辺では、選手村や各種目競技場の建設がエネルギッシュに進められています。
高層マンションも、これでもかと言わんばかりに林立を続けます。
   いま東京のウォーターフロントは、徳川家康の江戸建設を彷彿させる物凄い勢いで肥大成長に走っています。
    ジールでは、誕生する新市場や現在進行形の建設現場を目撃する(発着は豊洲ぐるり公園)秋の新コースを販売します。
     小回りのきく運河船の特性を活かし(いま注目のエリアばかりでなく)越中島イグアナクレーンなど世間に知られざる秘境にもお連れします。
2018051111320000        画像は辰巳沖の旧貯木場の跡ですが、これなど見方を変えれば東京では珍しい「産業遺産」として評価できます。そして背景には雄大なゲイトブリッジが控えます。 
平成としては最後の秋。
記憶に残るクルーズになることでしょう。
byー解説員O

|

« ミステリー航海記 | トップページ | 『続ミステリアス航海記』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミステリー航海記 | トップページ | 『続ミステリアス航海記』 »