« スタート地点を変えたら、別な世界も見える | トップページ

2018年9月13日 (木)

ミステリー航海記

2018091014590000 皆さま、ご無沙汰してすみません。
解説員Oです。 私は、いま漁船に乗っています。
といっても、魚を獲るためではありません。
回航(船そのものを運ぶ仕事)です。
  初日、羽田空港から、画家「田中一村」ゆかりの南国A島へ。最終バスで小一時間。
N港に到着。離島の塩ラーメンは絶品でした。
翌早朝、出港。私は、ウェットテッシュ。船長は焼酎を買いたいので「縄文杉」で有名なY島に30分だけ寄港。
そこで(神田川クルーズでは見られない石垣の形式)野面積みを発見しました。(画像)
  それから、対面に見える、鉄砲伝来の歴史とロケット打ち上げ場のあるT島へ。今夜は、ここに停泊します。まずは、本物の温泉を堪能してから、居酒屋で晩酌。小粒のホタテ貝バター焼き、大盛り600円は素晴らしい。
    航海の二日目、九州東岸を北上。道中でカツオドリ数羽と出会いました。向かいの波うねりに難儀しながら四国へと舵を切りました。続く。
   さて、ジールでは、私のように難儀しなくても東京の運河を探険するミステリー気分を味わえる「豊洲ぐるり公園発着の新コース インフラめぐりクルーズ」というコースをご用意しました。「えっ、東京にこんな怪獣が」きっと唖然とするでしょう。
悪天候の高知県より、
byーO

|

« スタート地点を変えたら、別な世界も見える | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スタート地点を変えたら、別な世界も見える | トップページ