« 続々ミステリアス航海記 | トップページ | 幻の忠臣蔵クルーズ »

2018年10月25日 (木)

家康と正宗とスペイン

2018032409570001_2
 フラメンコ舞踊に用いられるショールは「マントン・デ・マニラ」と呼ばれています。
そのいわれは16世紀のフィリピンにさかのぼります。 
  1565年、ウルダネータによってフィリピンとメキシコふたつのスペイン領を結ぶ直
行航路が発見されます。
このルートを経由して中国製の高級な絹ショールもスペイン本国に輸入されます。
これが後のフラメンコの「マントン・デ・マニラ」へとつながっていきます。 
  それでは、本題に入ります。「ウルダネータの航路」にのっとりフィリピンを出発した
帆船は、針路を北東にとり、北緯38度まで北上します。
そこから船首を東に向け、太平洋横断に移ります。 
実は(風のベルトに乗る)その針路変更ポイントが仙台の沖合いになるのです。
「北緯38度」ここに伊達正宗は着目します。当時、江戸の人口は15万人。
徳川家康は南蛮貿易を希望していましたが、スペインにとってメリットのない江戸湾は素
通り、ひたすら「北緯38度」へと向かっていきます。 
  家康と正宗の思惑が絡み合い、やがてサンファンバウティスタ号による遣欧使節が実現
します。  
しかし貿易の条件としてキリスト教の布教を迫るスペインに対して、家康は断交を決意。
正宗もその方針に服従します。 
地政学上(軍事力には圧倒的な差はありましたが)幕府は仙台藩を警戒していました。
徳川家に反意の無いことをアピールするため、伊達家は外濠工事に全力を尽くします。
 今日そのおかげで、神田川クルーズ船から美しい「お茶の水渓谷」の景観を楽しむこと
ができます。
そろそろ紅葉のシーズンが始まります。
byーO

|

« 続々ミステリアス航海記 | トップページ | 幻の忠臣蔵クルーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続々ミステリアス航海記 | トップページ | 幻の忠臣蔵クルーズ »